スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化財研修記

平成22年は石清水八幡宮の御祭神第15代応神天皇壱千七百年式年祭です!その3.国重文の御本殿特別参拝

男山(おとこやま、標高142メートル)の頂上には石清水八幡宮が鎮座しています。御本殿及び外殿、幣殿及び舞殿、楼門、東門、西門、廻廊いずれも徳川三代将軍家光公が寛永11年(1634)に建造された国の重要文化財です。作者世阿弥作「謡曲・弓八幡」は男山八幡宮の神徳をたたえ、威武の聖代を祝う曲です。この謡を「弓八幡」と名づける事は、八幡大菩薩は源氏の氏神弓矢の守護神であるから弓と矢と幡との三つの兵具をに訳して弓八幡と名付けたのである。とある。直(すぐ)な御代のためしであるこの祝言は弓矢を以って戦勝を祝うのでなく、弓を袋に入れて武をおさめるのである。作者世阿弥は平和論者であり、武家中心時代に於いて平和論を唱え、将軍専横時代に於いてとりわけ皇室を尊敬した。之が能役者の見識であり、情熱であったのである。と謡曲大観は論じています。参拝の多くの方はこの石清水八幡宮の厄除開運・家内安全・必勝祈願の御神札として「特別八幡御神矢」、「八幡御神矢」を収受している。本殿における「特別参拝」綾部にある2つ八幡宮の一つ平安時代、金の鳩が綾部市の高津町に石清水八幡宮から飛来した奇瑞のある高津八幡宮・塩見有紀宮司(若い女性)の計らいにより実施できたのです。最期の欄に「高津八幡宮」と「綾部八幡宮」をクックして見えるようにしてありますのでご覧下さい。

1.西門前の特別参拝入口です。
石清水八幡宮

2.御本殿から楼門を見る。橘の木には実がなり、秋の11月23日の新嘗祭(になめさい)に献納される
石清水八幡宮

3.桧皮葺(ひわだぶき)の御本殿は前後二棟からなる「八幡造り」です。幕のところが舞殿(之も国重文)です
石清水八幡宮

4.特別参拝その一。祝詞
石清水八幡宮

5.特別参拝その二。お祓い
石清水八幡宮

6.特別参拝その三。男女代表各1人づつ玉串奉納
石清水八幡宮

7.特別参拝その四。参拝者全員順次神酒拝受
石清水八幡宮

8.神官により特別に外殿の素晴らしい彫刻等の案内して頂く
石清水八幡宮

9.外周180メートルの外殿には寛永11年(1634)当時の名工による素晴らしい彫刻がある。天正8年(1579)織田信長公寄進の「黄金の樋」は撮影失敗してましたお許し下さい
石清水八幡宮

10.当時名工による素晴らしい彫刻の一つ
石清水八幡宮

11.本殿は三間社切妻造りでこの外殿を後から見ると「三間社流造」が良く判る
石清水八幡宮

12.同上
石清水八幡宮

京都府綾部市にある綾部市指定文化財の「高津八幡宮」は下記をクリックして見て下さい。塩見有紀宮司様が可愛い禰宜の時の写真もあります。
http://www.ayabun.net/kaiho/63/takatu8b.html

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

綾部の文化財

Author:綾部の文化財
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
友達申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。