スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾部の文化財

綾部の文化財ミニ・シアター6 綾部八幡宮のお田植え式

綾部市総合文化祭参加の「綾部の文化財ミニ・シアター」2日目11月3日(祭)第6番目のイベントは3:00から、綾部の文化財を守る会ホームページ委員長を解説者に行われた。
テーマは「綾部八幡宮お田植え式

イベント開演に先立ち「くらしを彩り、人々のコミュニケーションを深め、地域の活性化を生み出す、文化財と人とのふれあい」をテーマにした2800枚を超える写真スライドから、綾部八幡宮関連の122枚の大型画面連写を行った

さらに時間前に人集めを兼ねて、シアター会場入り口壁に貼り出された文書の説明を行った

おことわり
モニタの透過光で見るインターネットの画像は、大量の画像の読み込みを速くするため、小さく軽くしてあります。
そのため、プリント印刷やプロジェクタ画像にすると画素密度が低いので鮮明さが失われ、色調も悪くなっています。透過光画像との違いですのでご了解ください。

綾部の文化財日誌コメント制限のおことわり
HP:綾部の文化財 および ブログ:綾部の文化財日誌は、学校のインターネット教育で優良サイトとして、子供たちに見ていただいています。
そのため不健全なSPAMコメント防止のため、コメント記入できません。「綾部の文化財掲示板」に書き込みください。

綾部の文化財掲示板にご投稿ください
おじいさんの古時計―思い出に残したいもの、それが文化財です。
あなたの街の鎮守さん、お地蔵さん、祭り、行事、山河の自然風物など身近な出来事、それらの開催お知らせ、各地の社寺見学風景など・・なんでも掲示板に投稿して見ませんか?

・写真は一回につき(0~3枚)入ります。多いときには(その2)・・でどうぞ。
・メールで送っていただく場合 nbc*yabe@gmail.comへ記事と写真をどうぞ。
・手札版の写真と記事、あるいは、メモリーでも受け付けます。623-0026 神*寺町蟹田6-6 鍋師 有 に送ってください
・写真はデジタル化後、メモリーはコピー後にお返しします。
下記のホームページで明らかななように、今までたくさんの方から投稿いただいています。掲示板、ブログ、HPに掲載させていただきます
HP:綾部の文化財ブログ:綾部の文化財日誌づくりの編集仲間も募集しています
ホームページは皆んなで作るものです!

HPやブログの「リンク」や「ネット」をつくりませんか?
あなたのHPやブログサイトの「お知らせ」と「URL」をここに貼り出してください。
    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

綾部の文化財ミニ・シアター 綾部八幡宮のお田植え式
貼り出されたA4写真、今日のHP・ブログコピーの展示を見る人々

定刻になり、ミニ・シアターのイベントを開始した。

綾部の文化財ミニ・シアター 綾部八幡宮のお田植え式
HP:みこし巡行(写真:片山道子会員提供)

綾部の文化財ミニ・シアター 綾部八幡宮のお田植え式
HPお田植え式再興について(会報記事:四方彰宮司 写真提供:片山道子会員)

 綾部八幡言のお田植式は、地域の古老によりますと、終戦前(1943年)頃までは、継続して伝承されており、それを見たといわれています。しかし、その後今日に至るまで約五十年間、まったく廃絶しておりました。
 平成二年、私が八幡言に奉職いたしました折に、書庫に保存されていた書類に目を通しているうちに、去る昔、八幡宮神子(ミコ)を勤めていた、井倉村の福林家に伝わる古文書で、寛政八年(1796年)に写本された古文書の写しを見付けました。
 これを解読しようと思い立ちまして努力いたしましたが、なにしろ二百年前の記述で、変体仮名の上、虫損、紙皺(シワ)等で容易な作業でなく、四苦八苦いたしておりました所、梅原三郎先生のお教えをいただき、京都府教育委員会によって、昭和五十四年に集録発行された、「京都の田遊び」の調査報告書に福林家文書の全容が記載されていることが判りました。
 綾部八幡宮では、現在も例年四月三日に、綾部地区(郷)の総鎮守祭礼と位置づけられて、例大祭を斎行していますが、従来から、この祭礼に「お田植式」が奉納されておりました。
 古老の記憶によりますと、約五十年前には、神職がひとりで演じていたようですが、これは、長い歳月の流れの中で風化して、かなり原形が崩れて簡略化されたものであったようです。
 今回の再興にあたっては、京都府教育委員会、綾部市教育委員会、上田正昭先生(大阪女子短大学長、元京都大学教授)のご指導を受けることとなり、明確な記録資料がある以上、これを忠実に再現すべきだという事になり、一気に二百年の歳月を遡って、その姿を取り戻すことになりました。
 さて、お田植式の古文書は、いわば、式の台本のようなものでありまして、式場の配置図を始め、演者、参列者の着座の位置、小道具の位置、展開する順序、台詞、歌詞が具体的に克明に記されています。
 以下、その大要を紹介いたしますと、拝殿の広前に十畳半の舞台をしつらえ、その周囲に、八幡宮氏子中の代表、二宮、若宮、熊野、味方の各社の禰宜、神子と、お田植の仕草を中心的に演ずる半左衛門と兵衛が着座します。
 先ず神前に拝礼の後、暦を見ることから始まり、苗代見、苗代起こし、牛を引き廻しての代かき、草撒き、柄振りによる田慣らし、種播き、烏追いと進み、続いて、歌に合わせて、八幡宮、二宮、若宮、熊野、味方各社の禰宜が立ち苗取りに移ります。
 苗取りが終わると先の人たちにより、昼食をはさんで、午前と午後に分けて、歌に合わせて田植の仕草を演じます。
 最後に、傘鉾(花傘)を押し立て、噺しと共に練り込み儀式が終わります。
 現在、八幡宮に保存されている物は、古文書の写しの外に、半左衛門が着用する翁の面、太鼓、鼓(つづみ)等がありますが、今回の再興にあたって、ほとんど新調することとなり、京都府の援助を受けたことは、大きな励みとなりました。

綾部の文化財ミニ・シアター 綾部八幡宮のお田植え式
HP綾部八幡宮お田植え式奉納(写真:木下和美会員、資料:鐙、片山会員提供)
木下和美氏よりいただいた「手札版の写真」をスキャナーにより「デジタル化」して、定位置(座席)からの写真であったので、「トリミング」により大幅に変化を付けました。

綾部の文化財ミニ・シアター 綾部八幡宮のお田植え式
応神天皇を祀る「綾部八幡宮の春季大祭と五穀豊穣を祈るお田植え式」

綾部の文化財ミニ・シアター 綾部八幡宮のお田植え式
ビデオ名:無形民俗文化財「綾部八幡宮の御田植祭」 ビデオ提供:綾部市資料館

参考
綾部八幡宮のホームページ 名島正倫宮司 作成
http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/12/820/index.html

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

綾部の文化財

Author:綾部の文化財
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
友達申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。