スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化財研修記

京都府下唯一火山口の確認できる天田郡夜久野町の自然と文化財を訪ねて!2.

11月10日(土)綾部市郷土史自主講座のメンバー31名で、京都府下唯一火山口の確認できる田倉山(349.7M)や京都府下でもっとも多くの化石を持つ「福知山市夜久野町化石博物館」等を日帰り研修で見に出かけた。今回の報告はNO。2.で首記や久野町化石郷土資料館を紹介します。1.夜久野町の化石時代のの始まり=最古の化石は古生代ペルム期「二畳紀(にじょうき)」に属するものです。白い石灰岩となった状態ので確認される事が多く、フズリナ、ウミユリ、腕足類(わんそくるい)があります。2.夜久野を代表する化石はアンモナイト全盛期で古生代から中生代にかけて、約3億5000万年もの間、海洋に広く分布した生物です。アンモナイトはオオムガイから分化したと考えられていますがイカ,タコに近い生物との説が有力です!3.新生代中世紀(2300万年前)=夜久野町の北西部の鉄鈷山(かなとこやま)標高755メートルから500メートル付近までに産出した化石はこの時代の標準化石の巻貝のビカリアなど、多くの海生貝類です。4.新世紀第四紀(37万年から30万年)京都府唯一の火山口をもつ田倉山の3度の噴火でできた溶岩・夜久野玄武岩柱状節理(京都府指定文化財)之は後ほど掲載します。入館料大人100円のみ20名以上の団体は80円、中学生以下は無料なので夜久野ドライブインから車で3分なので是非見て下さい。

1.福知山市・夜久野町化石郷土資料館


2.パンフレット


3.種々のパンフレットを貰うメンバー


4.夜久野町化石・郷土資料館の展示している化石の多くは、夜久野町の化石研究者である古井昌平氏(当館名誉顧問、益富地学会員)の採集・蒐集活動による資料を中心に、いろいろな方々が発見した化石を元に構成されています。夜久野町で採取された化石を中心に世界各地の化石が約1000点、その他地質資料や遺跡から出土した考古資料などの展示品もあります。熱意を込めて説明される古井昌平氏です!


5.同上 その2.


6.同上 その3.


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

綾部の文化財

Author:綾部の文化財
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
友達申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。